読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女子高生に対するバッシングを通して貧困に対する基準を考える

<貧困>「貧乏人らしく」女子高生たたきの大誤解 (毎日新聞) - Yahoo!ニュース

 

NHKで取り上げられた女子高生についてのバッシングを通して書かれた記事です。

貧困に対する考え方が人それぞれであるから、このような批判が起きるのだと思います。

 

貧困とは「その社会の普通の暮らしができているかどうか」らしいです。

これがとても微妙な定義だと思います。

 

同じ日本であっても住んでいる場所や学校なんかの自分のまわりの社会によって、

貧困の捉え方が変わるということです。

 

自分が貧困であるかを考えるのって本当に必要なことなんでしょうか?

 

自分が貧困であると思わない方が幸せではないのでしょうか?