読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美しいコードにはもっとお金を払ってもいいと思う

美しいコードだろうがそうでなかろうがユーザの求めていることが実現出来たらいいし、安くできる方が良いと考えるのは当然かもしれません。

ですが、ここ最近は時代の流れが早く、ニーズの変化も早いので一度リリースしたサービスを数ヶ月単位で改修を行うことが多くなってきました。

その要望があがる度に見積りをするのですが、汚いコードだと影響範囲の見極めも難しく、美しいコードと比べて修正範囲が大きくなることが多々あります。そうすると自然と見積工数は大きくなります。

ユーザはコードの美しさで工数が変わることが見えないし、理解できないと思いますが、事実はそうです。

美しいコードに高いお金が払われる日がくるのか分かりませんが、私は今日も粛々と美しいコードを書けるよう努力し、汚いコードを美しいコードに書きかえます。