読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家を売る女 第2話 おろしろかったー

家を売る女の第2話面白かったです。

何がいいのか?

家をたくさん売るだけではないからです。

最高の道筋を示すことで結果的に顧客を幸せにするからです。

無愛想で強引な売り方をしようとしているように見えますが、そうではないです。

第2話では引きこもりの中年男を子どもに持つ親が住み替えをしたいという電話から始まります。

北川景子が演じる、三軒家は引きこもり歴が長すぎる人は簡単には社会復帰できないことを理解していて、

大家として生きる道を示します。

ドラマの最後には引きこもり男が社会復帰できたというエピソードもおまけでついています。

痛快です。

現実はそんなに簡単には行かないと思います。

でも、ドラマはこれぐらいインパクトがあってもいいと思います。