読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本は社会主義国だとつくづく思う

仕事でどれだけ結果を出しても、結果を出さなかった人と給料が変わらない状況に陥っています。

たぶんこれは私だけではなく、世の中のたくさんの人が感じていることだと思います。

 

年功序列というすでに破たんしている制度が邪魔をしていると思います。この制度があったおかげで、今でもみんなに同じだけお金を分配しようとする会社がたくさん存在しているのだと思います。いま我慢していれば将来的に高い給与がもらえるなんていうことは保証されていないにもかかわらずです。

日本人は横に習えの教育で育ってきたため、会社の経営者も完全実力主義を取ろうとする人がまだまだ少ないというのが現状です。

日本経済がいまひとつパッとしないのは能力がある人に十分な報酬を与えておらず、頑張っても報われない社会だからだと思います。

精一杯仕事をして結果を出しても報酬に結びつかない期間が続くと、やる気がなくなるのは当然だと思います。

 

だから能力のある人は自分で起業して自分に給料を払うしかないと思います。

そして、自分の会社の社員には頑張っている人には給与をたくさんあげるという資本主義としては当然のことをする会社をつくっていくしかないと思います。

 

弱い人を守るのは良いことだと思いますが、頑張らない人を守る必要はないと思います。

結果が出ていない人は能力の差がもともとあったわけではなく、結果を出す努力をしてこなかっただけだと思います。