読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「鬼から電話」というアプリを使ってみました

「鬼から電話」というアプリを使ってみました。次男がなかなか言うことを聞いてくれないときに何度か使ったのですが効果はあって言うことを聞いてくれました。

でも、もう使うのは辞めます。

子どもに言うことを聞かせるというのは、無理矢理感があって、お互いに納得して進めるというのがあるべき姿です。

子どもの話を聞いて、理解してあげる気持ちが足りませんでした。子どもは、感情的で言い分には筋が通っていないことはしばしばありますが、その言い分が正しいのか、そうではないのかを考える力を育むステップをとばしてはいけません。

自分で考えれる人に育って欲しいと願いながら親がアプリに頼って、自分で納得してもらう術を考えないのは怠慢だと気づきました。

世の中には便利なものがたくさんありますが、自分の考え方にあった使い方をしているのか気を付けます。